人の「生きる」を支える.

理事長ごあいさつ

平成28年7月に母、山本惠子の後任として社会福祉法人ふるさと自然村の理事長に就任いたしました結城康世でございます。

当法人は平成8年、高知県南国市において社会福祉法人設立認可を受け、平成10年、特別養護老人ホーム・ケアハウス・デイサービス・ヘルパーステーションの運営を始めました。現在では「人の生きるを支える」という理念を掲げ、高知県の3分の2の地域と神奈川県横浜市で合計40あまりの事業所を運営しております。

高知県では総人口の減少が既に進んでいるだけでなく、高齢者の人口も5年後をピークとしてその後減少していきます。このような状況でのサービス提供の実績を積むことにより、全国に先駆けたモデルとなることを目指しています。

施設の運営につきましては、ご利用者様の尊厳を大切にし、生きている実感を持てるように努めています。私自身がオレンジドクター(もの忘れ・認知症相談医)であるため、ご利用者様に寄り添い愛情を持って接することができるよう法人内の認知症教育を行っています。

当法人では平成21年度より外国人介護士・看護師候補者の受け入れを行っています。日本人だけでは介護職員が不足する中で、フィリピン・ベトナムから雇用、教育を行っており多くの外国人スタッフが既に当法人で働いています。

平成29年度には新しい取り組みとして、「東京圏をはじめとする高齢者が地方に移り住み、地域社会において健康でアクティブな生活を送るとともに、医療 介護が必要な時には継続的なケアを受けることができるような地域づくり」を目指した「CCRC事業」も展開していきます。

法人の内部では以下の取り組みをしていきます。一点目は新しい人事考課制度の構築です。成果を出した人がきちんと評価されるようにしていきたい。二点目は教育です。この法人の中で学んでいろんな資格を取って欲しいと思っています。三点目はIT化。一人一人のスタッフの煩雑な業務を格段に楽にしていきます。

ご利用者様の「第二の我が家」、また「人の生きるを支える」を何よりも大切に尽力して参りますので、何卒お力添えを賜りますようお願いいたします。

 

社会福祉法人ふるさと自然村
理事長 結城 康世

〒783-0047 高知県南国市岡豊町常通寺島335-3 TEL 088-866-0888

PAGETOP
Copyright © 社会福祉法人 ふるさと自然村 All Rights Reserved.